ホークスぶいぶい

福岡ソフトバンクスホークス まとめブログ


    福田秀平

    1: 名無しさん 2019/11/04(月) 07:30:09.06 ID:HoPm605nr

    FA福田に5球団以上が参戦 大争奪戦スタート
    11/4(月) 2:00配信

    他球団移籍を視野にソフトバンクから国内FA宣言した福田秀平外野手(30)が、西武と「いの一番」で交渉に臨んだ。

    この日夕刻には、中日とも交渉。
    近日中にはヤクルト、ロッテとも交渉のテーブルにつく予定だ。

    「他球団の話もしっかり聞いて、考えていきたい」。

    宣言残留を容認しているソフトバンクを含めると、5球団以上が参戦。

    激しい福田争奪戦が始まった。


    引用元: http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1572820209/

    【福田秀平(30)「………(なんでこんなに俺の評価高いんだ???)」 】の続きを読む

    1: 名無しさん 2019/11/04(月) 01:53:36.03 ID:n3UuGfpvp

    西武が3日、ソフトバンクからフリーエージェント(FA)宣言した福田秀平外野手(30)に即日アタックした。FA選手との交渉が解禁となり、福岡市内で席を設けた。

    獲得に名乗りをあげた球団では一番乗りの速攻技。推定で4年4億円以上とみられる契約条件に加え、「7」を筆頭にレジェンドたちがつけた背番号も提示した。渡辺久信GM(54)が、現役時代の投球術さながらに硬軟使い分け、熱意を伝えた。

       ◇   ◇   ◇

    およそ30分間に及ぶ交渉で、福田のふところを攻め込んだ。一番乗りでアタックした西武渡辺GMは、まずはストレートに伝えた。「うちのチームの足らない部分を埋めてくれる選手。すべての部分で能力が高い。
    私が監督を6年間やっているときから肌で感じた部分。走攻守そろった素晴らしい選手。どれだけうちが彼を必要としているか、誠実に伝えるだけだった」。直球勝負で熱意を伝えた。

    思いは行動に表れる。前日、FA権行使が公示されると同時にアポをとった。「とにかく誠意を伝える。すぐにいきますって言ったのも早かった。だったら1番にいかないとなってことで」と、解禁即日アタックとなった。
    条件提示は推定4年4億円以上とみられる高評価。実力を評価すると同時に、必要性を訴えた。

    リーグ2連覇を果たす一方で選手層の薄さを露呈して日本シリーズを逃した。レギュラーでの即戦力として、いかに必要かを説明した。それは背番号を見ても分かる。松井2軍監督らがつけた「7」を筆頭に今季空いていた「2」「3」を提示したとみられ、
    過去に大下、清原、豊田泰、石毛らいずれも西武が誇るレジェンドが背負った伝統ある番号。違った角度からも誠意を伝えた。かつて剛腕で鳴らした同GM。豊富な変化球を持ち合わせた現役時代さながらの緩急おりまぜた交渉術で、口説いた。

    福田からは「なんでそんなにケガ人が出ないんですか」とメディカル面での質問を受けた。実際に今季、規定打席到達が8選手という固定メンバーで2連覇できたのも、主力に大きな故障がなかったことが勝因の1つ。
    「メディカル強化を数年やってきた。いきなりそういう印象を持ってくれたことは、うちのメディカルにはありがたい」。今夏完成した室内練習場などの新施設も説明。環境面でも万全の態勢を訴え、福田の決断を待つ。【栗田成芳】


    引用元: http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1572800016/

    【西武がFA福田に4年4億円超、伝説の背番7など提示ωωωωωωωωωωωωωωωω 】の続きを読む

    1: 名無しさん 2019/10/29(火) 17:17:52.90 ID:EwFCH+iNdNIKU

    国内FA権を行使したソフトバンク・福田秀平外野手(30)が29日、福岡・ヤフオクD内で工藤監督らと会談した。

    「内容は極秘」としたが「監督が大好きなので。FA権を取れたのは秋山前監督、工藤監督が使ってくれたから。感謝している」と胸中を明かした。
    「いろいろな球団の話を聞いて、悩んで結論を出したい」。福田の争奪戦には西武、ロッテが参戦を表明し、中日、楽天、ヤクルトも調査している。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191029-00000139-sph-base


    引用元: http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1572337072/

    【SB福田「監督が大好き」 】の続きを読む

    1: 名無しさん 2019/09/27(金) 06:15:54.44 ID:LKoCBtjw0

    ソフトバンク福田秀平外野手(30)が今オフに国内FA権の行使を視野に入れていることが26日、わかった。
    3拍子そろった左打ちの外野手として今季もチームに大きく貢献。
    ソフトバンクに欠かせない戦力だが、行使となれば多くの球団が獲得に乗り出すと予想され、動向が注目される。

    プロ13年目の今季7月に取得した国内FA権について福田は「ようやく勝ち取った権利なので、そこは自分のプロ野球人生として考えたい」と話していた。
    関係者の話を総合すると、その後の熟考の結果、権利行使への思いは強まっているようだ。

    福田は今季78試合に出場し打率2割5分8厘、25打点、自己最多の8本塁打を放っている。スタメン出場はもちろん代打、代走、守備固めと幅広い起用に応えられるのも魅力だ。
    6月23日巨人戦では今季初めて二塁を守り、菅野から初回に先頭打者本塁打を放ち交流戦優勝に貢献。
    一塁も守れる。7月に取得した時には「規定打席に立ったこともないし、レギュラーになったこともない人間。秋山監督、工藤監督に感謝しています」と話していた。

    これまでもソフトバンクは明石、川島らFA権を取得した選手たちと大型複数年契約を結んでおり、福田にも同様の契約を提示することが濃厚だ。
    福田も13年過ごしたチーム、福岡には愛着があり、ファンの人気も高い。
    だが、ソフトバンク外野陣は柳田、グラシアル、中村晃に加え、上林、釜元、周東も控える激戦区。内野手の牧原、川島も守ることができる。
    来季31歳を迎える福田はさらなる出場機会を求めFA権行使を考えているとみられる。

    行使となれば、過去にトレード獲得を狙っていた中日をはじめ、ヤクルトなど数球団による争奪戦となりそうだ。
    今季推定年俸は3600万円と高年俸が多いソフトバンクではCランクとなり、人的補償なども必要ない。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190927-09260610-nksports-base


    引用元: http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1569532554/

    【ソフトバンク福田FA宣言へ!中日など複数球団興味 】の続きを読む

    1: 名無しさん 2019/09/27(金) 04:30:40.41 ID:8Q+a0jE40

    スーパーサブ流出危機-。福岡ソフトバンク福田秀平外野手(30)が、今季取得した国内フリーエージェント(FA)権の行使を検討していることが26日、分かった。


     13年目の今季はここまで78試合に出場し打率2割5分8厘、8本塁打。代打、代走、守備固めで貴重な役割を果たすだけでなく、35試合でスタメン出場した。
    仮に行使となれば複数球団が獲得に名乗りを上げるとみられ、すでにシーズン中から残留交渉を継続しているソフトバンクも含めた争奪戦が予想される。
    ■13年目30歳

     2年連続でリーグVを逃し、来季こその覇権奪回を強く義務づけられる球団が今オフ、貴重な戦力の流出危機を迎える可能性が出てきた。7月にFA権を取得した13年目の福田が、権利行使を検討していることが判明。
    すでに今季セ最下位に沈んだヤクルトが調査を開始しているとの情報もあり、仮に行使となれば複数球団が獲得に名乗りを上げることが予想される。

     今季ここまで78試合に出場した福田は、2017年から2年連続で100試合以上に出場するなど代打、代走、守備固めなど「スーパーサブ」として貴重な役割を果たしてきた。
    ただ、走攻守すべてでその能力は高く、他球団では「ホークス以外ならレギュラー」と評価する声も多い。
    さらに今季年俸3600万円(推定)はCランク(球団内の日本人選手で年俸11位以下)選手とみられ、獲得にあたっての補償が必要なく、複数球団による激しい争奪戦になる可能性も高い。

     FA権を取得した7月14日には「本当にうれしい。僕は規定打席に到達したこともレギュラーになったこともない。1軍にいさせてくれた(前監督の)秋山さんや工藤監督に感謝したい」と話した。
    その際、権利行使については「今は一日一日に集中することしか考えていない」と語るにとどめたが、昨年12月の契約更改会見では「野球選手である以上、やっぱり頭(先発)から試合に出たい」とも明かしており、
    今オフの権利行使によって新天地でのプレーを目指す可能性も低くない。

     主力に故障者が続出した今季は特にその存在の貴重さを示した。開幕前から中村晃が戦列を離れ、開幕直後に柳田が故障離脱したこともあり、4月10日の日本ハム戦で今季初スタメン出場。
    同13日の楽天戦からは2試合連続猛打賞をマークするなど好調をキープし、交流戦では主に1番を任された。交流戦Vの懸かった6月23日の巨人戦では今宮の故障離脱などで内野のやりくりが苦しい中、プロ13年目で初めて二塁で先発出場。
    菅野からの先頭打者弾を含む2発を放ち、8度目の交流戦制覇に貢献した。

     その器用さだけでなく、勝負強い打撃は大きな武器なだけに、もちろん球団は流出を全力で阻止する考えだ。三笠杉彦ゼネラルマネジャーは「非常に評価している。出ていってもらっては困る選手。
    それは本人にも伝えています」と話すなど、球団はシーズン中から残留交渉を継続。過去にFA権を取得しながら権利を行使しなかった選手と同様に、複数年契約を用意し引き留めに全力を注ぐ構えだ。

    西日本スポーツ


    引用元: http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1569526240/

    【V逸ソフトバンク、福田がFA流出も 複数球団で争奪戦か 】の続きを読む

    1: 名無しさん 2018/09/20(木) 10:12:18.32 ID:MGX8sAkv0

    8日、ヤフオクドームで行われたオリックス戦に人気声優の内田真礼がゲスト来場。そこで内田へのインタビューと、内田と福田秀平外野手(29)の対談を取材する機会をもらった。

    対談は信じられないくらいスムーズに進んだ。お互いが、なぜこの2人が対談するのか、企画の趣旨をしっかり理解してくれていた。対談も終盤に差し掛かった頃には福田から「『食戟のソーマ』とか出てますよね」という言葉が飛び出した。
    驚いた。事前に対談相手のことを調べ、内田の出演するアニメという共通の話題を用意していたのだ。どういう展開になるか、不安もあった取材がうまくいき、救われた思いだった。

    https://www.nikkansports.com/m/baseball/column/bankisha/news/201809170000921_m.html?mode=all


    引用元: http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1537405938/

    【【朗報】ソフトバンク・福田秀平さん、内田真礼さんとの対談で満面の笑み 】の続きを読む


    このページのトップヘ